2015-10-27

キャンプ裏話

無事、2日間の宿泊プログラムを終えることができ、準備等でお世話になりました親御さん、
子どもたちと行動を共にしてくださったボランティアさん、本当にありがとうございました。

最後のスタッフ打ち上げでは、親御さんたちがボランティアの男子学生さんに勝手にあだ名をつけて
呼んでいたエピソードで盛り上がり、いじられていた彼もまんざらでもなさそうだったり…。
(一応、顔写真までは掲載OKの許可をとりましたが…あまりその必要性もなさそうなので(笑)
写真は載せませんが…)
私も、どちらかというと親御さん方の宴会の方に参加したい気持ちでいっぱいでしたが、子どもたちと過ごした
濃~い2日間の裏話をちょこっとお伝えします!

まず子どもたち、今年ボランティアで参加してくれた学生さんが若くてピチピチしていたからか、普段はこれくらい
一人でできるよね、ってなことも、何かとしなだれかかろうとすることが多く(笑)
その都度、間に入ったりしていました。

そんな中、夜のハロウィンパーティーでは、暗い和室に一人のボランティアさんが仮装して隠れ、
恐る恐る入ってくる子どもたちを驚かせて最後はお菓子を配るのですが、子どもに付き添っている担当の
ボランティアさんにその都度介助してもらいながら頑張っている2組の男の子二人、わけもわからず暗闇に
誘導され、お化けがでてきたと同時に真っ先にそのボランティアさんたちが驚いてキャーキャー叫ぶものだから
彼らはその姿に恐れおののき…。
先ほどまで味方だったはずの人間が、実は敵だった?くらいの衝撃を受けてしまったことでしょう…。
まぁ、お菓子をもらって部屋をでる頃には、通常の関係に戻っていたので一安心だったのですが。

それに、1組のある男の子。
キミは毎年同じパターンのこのハロウィン、何回目ですか?っていうくらい、何度も経験しているにも関わらず
誘導する私の手をそーっと握ってきて、普段はそっけないくせにこういう時だけ
「村上せんせ~い…。一緒に入ろうよ…」なんて甘えてくるし(笑)
散々ビビッておきながら、出てきたお化けが知ってるボランティアさんだった途端、なれなれしくしゃべりかけてる
ところなんかは、まだまだかわいいんですけどね~。

そしてそんな彼と一緒に入った男の子、部屋をでると同時にこれから入ろうとして待っているお友達に、ネタバレ
するし…。
そこは個別にチクリと振り返りをさせておきました…。

後は、就寝してからですね~。
就寝したから一安心。。。ではないんです!
必ず、眠れない子がいます。
かといって騒ぐでもなくジーッと布団に入ったまま耐えてはいるのですが、その子もやっと眠りについたな、
という頃になると、寝言を言う子がでてきたり、ムクッと起きだしてスタスタと歩いて友達の布団に寄り添う
ように入ってこようとする子がいたり…。
上半身裸?と思うほどパジャマがはだけている子、頭と足の位置がいつの間にか逆になっていて、また元に
戻っている子(一回転したのでしょう)
また、ある男の子は突然起き上がって「揺れてる、揺れてる」と言い出したので、なだめてすぐに寝かせたの
ですが、翌日たまたまニュースで『AM2時、神戸市震度1』というのを見て、本当に揺れていたんだ、
気づかなかったけど…なんてことがあったり。

まだまだ、子どもたちのかわいいエピソードはあるのですが、ちゃんと自分で決めた課題を頑張ったことも
あわせて報告しておきますね!

トマトが苦手な男の子、トマトを食べることを目標にしていましたが、バッチリ達成!
証拠のビデオも撮りました。
それに影響されて、別の男の子も苦手なトマトを夕飯では歯に触れる程度食べ、朝食では半分、頑張って
食べることができました。
薬を水で飲むことができた子、人前で着替えることに抵抗があったけど、見えないように着替える方法を
教えてあげてその通りにやってみた子…。

ちょっと背中を押してあげると出来ることや、みんなと一緒だからやってみよう!という気持ちのいずれかが
どの子にもあったのではないかなぁ~と思った、今年の宿泊プログラムでした。



コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

 |  キッズパワーブログトップへ   |  次の記事へ >>