2017-02-13

見て見ぬフリ

先日のこども塾1組での出来事。

連絡帳を書き終え、後は寺口先生が来るのを待つのみ、というちょっとした時間に数名の男の子たちと雑談をしていたのですが、私と向かい合って話をしていた男の子。
話ながらも視線は私の頭を覗きこむような様子だったので、

「なに?なによぉー」
と言ってみますと…、
「白髪!」
とまあまあ大きな声で言ってきました。

そこですかさず私、頭を押さえながら
「えー、そんなん言わんといてよー」
と少しオーバーに言うと、
「あっ、抜いてあげるから大丈夫!」
とナイスアイデア!と言わんばかりに周りに聞こえるくらいの声で言ってきました。

「もぉー、大きな声で言わんといてよー、恥ずかしいやん」
と小声で言うと、彼も身を縮めてきて小声で
「ごめん、大丈夫!うそ!」
と必死(笑)

でも意地悪な私は、
「えー、でもぉ…あるんやろ?」
と聞くと、
「うん(早っ)。でも大丈夫、誰にも聞かれてないし」
とやはりそこは正直に(笑)認めつつ…。

「なんでよー、河里さん(スタッフ)笑ってるやーん」と言うと、
「えっ、あっ、(ベランダを指しながら)すずめがさあ…」

もう私も言いながら可笑しくて笑いを堪えながら、
「もぉ~、今話しそらしたやろー?」
「あっ……。(シュンとしながら)ホントごめん…」
こういうところ、彼のいいところなんですよねー。

「うん…。あったとしても言わないでね」
「うん、わかった」
これにて白髪事件、一件落着(^-^)


こんな微笑ましい彼ももうすぐ最終学年。
早いなー。










コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

 |  キッズパワーブログトップへ   |