2017-07-10

今年の宿泊

あれよあれよとしてる間に、宿泊プログラムから早一週間が過ぎました。

改めまして、ご参加くださった保護者のみなさま、子どもたちと共に過ごしてくださったボランティアのみなさま
暑い中、本当にありがとうございました。

ボランティアさんの中には集団プログラムで長くアシスタントをしてくださった方々が、社会人になって貴重な
休日にもかかわらず参加をしてくださったり、昨年同様今年も参加をしてくださった学生ボランティアさんが
いらしたりと、私たちと同じように子どもたちの成長を楽しみにしてくれていることに感謝の気持ちでいっぱい
です。


さて、子どもたちの様子です。

まずはスクールさんで初参加の男の子。
前日もシクシク、当日の朝もシクシク、集合場所でもシクシク・・・。
それでもお母さんの姿が見えなくなると、そこからは切り替えて泣くこともなくみんなと参加できました。
初めての場所や物事には躊躇する場面もありましたが、ちょっと背中を押してあげるとわりとすぐに
なじんでいました。

同じく初参加で最年少の男の子。
優しいお姉さんと一緒だったので不安になることもなくみんなについていくことができました。
2日目にはちょっと思い通りにならないことがあって固まってしまいましたが、私が先にスタスタと歩いて行くと
諦めて自分からついてきて、みんなが行っていたお散歩にも無事合流。

1組の初参加の男の子。
お兄ちゃんたちが集まっていると同じように輪に入り、ワイワイガヤガヤとちょっと難しいことでも一緒にやろうと
する姿が多く見られました。
そこは彼の強みなんですよね。

2組のメンバーは何度か宿泊を経験していることもあり、終始落ち着いて参加できました。
毎週同じメンバーで練習しているせいか、気がつくと傍にいることが多かった男の子と女の子。
一緒にいると落ち着くのでしょうか。

わからないことが多い中、寝転がることもほとんどなく、みんなの中に一緒にいることができるようになって
きた男の子。
慣れない場所で苦手な生野菜を頑張って一口食べることもできました。


そしていつも私たちに笑いを提供してくれるのが、現役1組生と卒業生のコラボレーションです。

今年は宿泊のイベントで肝試しをしたのですが、まぁー怖がる怖がる(笑)
キャーキャー言いながらなかなか部屋に入ろうとしないわ、部屋の奥にあるお菓子を取ってくるのに
何度も戻ってくるわ、きわめつけはラスト戻ってくる彼らをカメラにおさめようと待機部屋でスタンバって
いる私を見るなり、恐れおののいて逃げる子がでてくるわ。
私はお化けではありませ~ん!!! 

待機部屋に戻っても恐怖が拭えずに、少しの物音にもビビる、隙間があると閉めようとする、
「一ま~い、二ま~い」と聞こえてくるとか言い出すわで、もうこちらは笑いを堪えるのに必死です。
まだ幼稚園のスクールさんや1年生のスクール卒業生さん、兄弟児さんのほうが、頼もしくみえるほどでした。
まぁ、えらそうに笑っている私も、実は肝試し系は超~苦手なのですがね・・・(>_<)

そんな1組卒業生たちも、おととしより昨年、昨年より今年とグループになって遊ぶことが増えており、
大人が中に入らなくても自分たちで遊びだすことが多くみられました。


後日、参加された保護者の方と少しお話をする機会があったのですが、長く療育をやってこられて今がある
お母さん方やその子どもさんたちを知ることで、ちょうど今現在、日々療育をしているご自身にとっても
大変励みになったとおっしゃっていました。

そのお言葉に、私もさらに精進していこうと思いました。

















コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

 |  キッズパワーブログトップへ   |