2017-10-12

運動会

近頃では春に開催される学校も多くなっているようですが、秋と言えば運動会!

夏休み気分が抜けきれない残暑の中練習が始まり、一日のスケジュールが練習優先で変更になったり。
日が近づくにつれ練習は佳境を迎えるわけですが、その頃には周りもだんだんとピリピリしだす・・・。
毎年同じような感じで運動会時期ってどの子も多かれ少なかれ崩れやすくなります。

そんな影響をモロに受けていたある男の子。
組体操の練習では演技中ずっと裸足で足の裏がチクチクして痛い。
途中で隊形移動や人数の変更など、わかりにくいことが多い上にその場にずっと居なければならない
など。
たくさんの試練がありました。

お家ではお母さんと個人技をできる範囲で練習していたことで、本人も全く未知の世界の出来こと
ではなく、できることがあって参加していたこともよかったのか、最初からやらないということもなく
みんなと練習を頑張っていたそうです。
それと同時にセラピーでは前もって楽しい活動でその場に居ることを目標にし、その他の場面
でもその場に居続ける練習は入れてきました。

そして、運動会当日。
当日は開催会場が変わるということで、そこは昨年からクリア!
小雨の中気分が高揚してそれどころではなかったのもあったかもしれませんが、大幅なスケジュール
変更も、事前に渡していたプログラムに少し説明を加えるだけで何事もなかったようで。
ビデオを拝見させていただくと、思っていたよりも本人はよくやっており、組体操の演技では背中の
上に思いっきり人が乗ってきてもジッと耐え(笑)
足を持たれるのが嫌な演技でもパニックにならずジッと耐え(笑)
当初は練習自体に参加すること、できれば裸足でできたらいいなぁ、から始まりましたが、
グループ技でも先生がメンバーの一人として入っている状況ではありましたが、ちゃんと自分の役割を
全うしていました。

毎回このような運動会、音楽会、生活発表会など行事を見せていただいて思うのが、本番うまく出来て
いることももちろんうれしいことなのですが、ここに至るまでの過程が結び付いていることに一番
喜びを感じます。

彼の場合だと、その時の気分で練習に参加したりしなかったりすることなく臨めた上での結果
だったこと。
多少の環境整備はあったにせよ、苦手な場面でもやらせてもらえたこと。
それをやらせようと判断してくださった背景には、彼自身ができることを日頃示せていたことも
大きかったでしょうし、そのようなことがあっての当日の出来栄えだったことが私たちは何より
うれしく思うのです。

彼が本当の意味で苦手な練習を頑張った結果の喜びを実感するためには、まだまだセラピーで
伸ばしていく部分も必要ではありますが、その土台がしっかりと築けていたことを外の世界で
見せてもらえたことが、私にとっても純粋にうれしかった出来事になりました。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   |