--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 | この記事のリンク

2017-11-17

最後の運動会

集団のクラスに幼稚園の頃から通って来てくれている男の子。

私が初めて彼に会ったのが、見学に来させていただいたスクールトライアルでした。
練習のためにまだブカブカの真新しい小学校の制服を着て座っていた彼は、色が白くてぽっちゃり
していて女の子顔負けの可愛さ。
チョコンと座っている姿を微笑ましく見ていたその瞬間、突然椅子に座ったままジャンプ。
想像できますか?
座ったまま跳び上がるんです。
おそらく座っていないといけないことはわかっていたものの、どうしても止めることが出来ずに
そのような行動に出たのでしょうが、それから先もひと時もジッとしていられず、机をはけた状態での
活動だとどこかへ脱走でもしそうな勢いで走り回る。
ちょっとそこまで数歩歩いて行く用事があってもジャンプする。
それに加え、やりたいことや自分の納得のいかないことがあると止めることができず何十分も粘る
または交渉してくる(笑)などなど・・・。
たくさんのエピソードを持っているそんな彼も早6年生になり、先日小学校最後の運動会を終え
その映像を見させていただきました。

結論からいうととてもよく出来ており、こんな難しいことが出来るんだぁ~と感心させられる
ほどでした。

6年生で組体操をやる小学校は多いのですが、私の時代とは違って笛や太鼓での合図がなく
バックミュージックの曲調の変わり目に隊形移動をしたり、それぞれが同じ拍をとって動いたりと
彼にしてみたら合図となるものの刺激がなく、自分で読み取って判断しなければならない
状況でした。
また組体操の醍醐味である全体がビッシと揃うことでいうと、人の動きを見て判断していたのでは
遅く、彼にとっては周りをみて動くということもできない状況でもありました。

そんな中でも、周りと同じタイミングで動きを揃え、止まるところではビシッと止まり、動きも機敏で
遅れることなく、またフライングすることもなく演じきりました。
途中、二人組や三人組の時に時折相手からさりげないフォローを受けているような場面もありましたが
それも考え方によっては、あれだけ人の介助を払って自分を押し通そうとしていた子が
人のさりげないフォローもたまに受けつつ、本来ならそのフォローがなければミスをしていたかも
しれない場面も難なくこなせたということに、私は彼の将来への期待も膨らむほどでした。

これから中学生になり、特性のあるなしにかかわらず難しい問題も多々でてくると思います。
いろいろな誘惑に出会うこともあるでしょう。
彼らは人づきあいの上で計算をしたり疑ったりすることをしないので、もしかするといいように
扱われてしまうこともないとは言い切れません。
それが社会に出ていくということだし、きれい事ではなく現実です。

それでも、誰かからのアドバイスやフォローに助けられながら、自分の価値を見失わずに
進んで行ってくれたらなぁ、と今回の組体操を見ていて少し先の将来のことなんかも
思い描いていました。




コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。