FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 | この記事のリンク

2014-07-13

この瞬間!

子ども塾1組では、久しぶりに「椅子取りゲーム」をしました。

椅子取りゲームでは、事前に子どもたちに発表させたルールを全員が守ること。
(椅子にさわらない、前の人を抜かさない、押さないなど)
始まる前に気を付け!をしたまましゃべらず動かず音楽が鳴るまで待つこと、そして負けた時にはすんなりと
認めること、負けた後も勝負の行方を気にしながらゲームに参加できること、が課題になります。
(それぞれの発達段階で課題は変わってくるのですが)

リーダー役の私が椅子取りゲームのルールを訊くと「はいっ、はいっ、はいっ!」と勢いよくあちこちから手が
挙がり、そして答える内容はなぜか「それ、あなたが一番できてないんですけど…」ってこっちが突っ込みたく
なるようなルールが多かったり・・・(*_*)

それでもゲームになると本当によく動ける子ども達になるんですよ~。

さきほど挙げたルールも課題であり、ある意味こちらも提示しやすいものなのですが、私がここで言いたい
「よく動ける子ども達」とは、リーダーである私と一緒にゲームの時間を作り上げていける、この時間を私や
友達と共有できている子ども達、という意味なんです。

一回、一回座れなかった子どもが抜けていき、そのたびに盛り上がって収拾がつかなくなるところですが
曲を流すタイミングを黙って待っているとちゃんとこちらに注目し、一瞬空気がピタリと止まる瞬間が
あるんです。
「いつ始まるのかな~」「もう始めるよ~」その一瞬の空気の中では、無言で私と子どもたちの
会話がなされています。

そして優勝者が決まり、みんなの前で発表をする時。
「今日の優勝者は・・・」と私が言い始めると、ざわざわしていた空気が一瞬止まり…。
「○○くんだよね?」と子どもたちは目で訴えてきて、私が答えるのを待っています。
ここは私もわざと間を置くのですが、「○○くんです!」と言った瞬間に大きな拍手と歓声。

勝敗もさることながら、このような非言語コミュニケーションをお互いが共有できていると感じることが増え
ると、なんだか居心地がいいぞぉ?このゲーム好きかも?いやこのゲームを一緒にしている友達や先生が
好きなんだ、宿題や本読みは苦手だけれど子ども塾に行くのが好き!そして結果的に「人と過ごすのが好き」
という気持ちに繋がってくれるといいなぁ~と思っています。


















コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。